石油や石炭などは限りがある

携帯電話などもリサイクル

携帯電話やパソコンなどの電子機器の原材料もリサイクルで使いまわしていることはご存知でしょうか。
こういった電子機器に使われている金属も底なしに生まれてくるわけではありません。原産国ではこれらの原料の為に紛争が起こっているとも言われています。それほど貴重な原料を一回使っただけで廃棄してしまうのは非常にもったいないことです。リサイクルして使えばそれだけ原料を新たに調達する必要もなくなり、資源も底をつくこともなくなります。
私たちの生活に欠かせないこういった電子機器はますます発展していくことと思います。経済の発展の為にもこうしたリサイクルは必要不可欠なものになっています。特に携帯やスマホはどんどん新しいものが開発され、大体2年ほどで買い替える方も多いのではないでしょうか。その際は必ず下取りに出してお店に買い取ってもらいましょう。

太陽光発電システムとは

石油や石炭などの化学燃料に代わるものとして最も有力なものは太陽光です。
石油や石炭はエネルギーとして使われると二酸化炭素を発生して地球温暖化に拍車をかけるのに対して太陽光はそれだけでエネルギーになるので二酸化炭素が発生しない地球に優しいエネルギーとして注目されています。この太陽光エネルギーがもっと身近なものになれば、地球温暖化もこれ以上進むことなく済むのではないかという期待の星ともいえるエネルギーです。
現状はまだ個人個人にかかる負担も初期費用などがかかり元を取るのに数年かかるという問題があります。ですので各家庭も積極的に太陽光発電システムを取り入れるという段階ではありませんが、この問題が解決されれば今の原子力発電や火力発電に代わる地球に優しいエネルギーとして活躍できるのではないかと思います。


日本のゴミ対策は万全とは言えない?世界と比較して考えてみよう

この記事をシェアする